スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

3/12(土)総決起集会、ゲストが決定!

皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

支援者の皆様のお陰で、総決起集会にお二人の特別ゲストが決まりました。

お一人は、元鎌倉市議会議員伊藤玲子さまです。

以下、伊藤先生のプロフィールです。

昭和2年生。
山脇高等女学校卒業。家庭を持つ。
平成元年、鎌倉市の12年続いた革新市政(共産党市長)に我慢出来ず62歳で市議に挑戦。
4期16年鎌倉市議を勤め、専ら行財政改革と教育の正常化に成果をあげる。 特に公立の小、中学校の教育現場と戦い、今尚「日教組支配を断ち切らねば日本の教育はよくならない」と学校現場を訴え続け、長年の訴えを真正面から受け止め取り組んで頂いている中山成彬元文部科学大臣と共に諸悪の根源である日教組解体をめざし奮闘中。
更に平成17年市議を引退後「建て直そう日本」女性塾を設立。真正保守の人材を掘り起こし、地方議会へこれまで、市議2名、町議1名当選させた。後続に市議候補者4名決定。議員の質を良くして行かなければ政治は良くならない。
平成20年12月「中山成彬はなぜ日教組と戦うのか」を出版。
(http://www.itoreiko.com/)

もう一人は、北朝鮮による拉致被害者ご家族平野フミ子さまです。

平野さんは増元るみ子さんのお姉さんです。以下、増元さんの拉致事件に関する記事です。

アベック拉致事案(鹿児島県)
1978年8月12日拉致
電電公社職員、市川修一(1954年10月27日 - 当時23歳)、鹿児島の事務員、増元るみ子(1953年11月1日 - 失踪時24歳)
鹿児島県日置郡、吹上浜キャンプ場で拉致。
北朝鮮側の説明によれば、2人は1979年7月(2002年10月の報告では「1979年4月」としていたが後に訂正)に結婚したが電電公社職員、男性は1979年9月という涼しい時期に海水浴場で心臓麻痺により死亡。鹿児島の事務員女性は1981年に27歳の若さで心臓麻痺で死亡したとしている。しかし、北朝鮮側は、両人とも遺体が洪水で流失したとしており、遺体の確認はなされていない。一方、北朝鮮元工作員・安明進は、北朝鮮が死亡したとした日時の後、1988年から1991年にかけて「何回も二人を見た」と証言している。
(http://bit.ly/icnu9C )

以上、特別ゲストのご紹介です。

私が政治運動に参加していくきっかけになったのが北朝鮮による拉致問題でした。平野フミ子さんは熊本にお住まいですが、福岡市内で行われる救う会の署名活動にたびたび参加されており、私も何度かご一緒させていただきました。まさか来ていただけるとは思いませんでしたが、快く承諾いただきました。

伊藤先生とは面識ありませんが、支援者の方のツテを通じて承諾いただきました。地方議会を通じて教育改革をめざす私としては、まさに尊敬すべき大先輩です。はるばる鎌倉からお越しいただきますので、しっかりお話を伺って勉強させていただこうと思います。


ゲストをお招きするにあたって、支援者の皆様に多大なお骨折りをいただいております。心から感謝申し上げます。

総決起集会の会場は300人ほど入ります。是非一人でも多くの皆様にご来場いただきたく、心よりお願い申し上げます。


■ 本山たかはる総決起集会―新しい福岡への鼓動
日時 平成23年3月12日(土)
   午後7時から午後8時30分
場所 福岡市男女共同参画推進センター アミカス 4Fホール
   (福岡県福岡市南区高宮3丁目3−1)

3月12日(土)夕方に総決起集会をおこないます!

皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。いろいろブログにも書きたいのですが、あまりにも時間がなくて更新できていません。おいおい、時間をつくって更新頻度を上げたいと思います。

さて、告示日までのおおよその日程が決まりましたのでお知らせします。

■ 本山たかはる事務所開き
日時 平成23年3月5日(土)
   午前9時
場所 本山たかはるを育てる会選挙対策本部事務所
   (福岡市南区清水3−8−29幸彦ビル402号)

■ 本山たかはる総決起集会―新しい福岡への鼓動
日時 平成23年3月12日(土)
   午後7時から午後8時30分
場所 福岡市男女共同参画推進センター アミカス 4Fホール
   (福岡県福岡市南区高宮3丁目3−1)


■ 本山たかはる出陣式
日時 平成23年4月1日(金) 午前8時
場所 高宮八幡宮 (福岡県福岡市南区高宮4丁目9ー34)

問い合わせ先 本山たかはるを育てる会

是非とも皆様お誘いあわせのうえご来場賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

1/23(日) USTREAM番組出演のお知らせ

またインターネットラジオ番組に出演させていただきます。お時間のある方は是非ご覧下さい。

《テーマ》:日本再発見
《シリーズ》:「今思いおこす日本人の気概」
《タイトル》:第3回 「アメリカで日露戦争を言論で戦った日本人たち」
《日時》:平成23年1月23日(日) 午前10時〜午後0時30分
《配信》:【USTREAM】スタジオ日本 日曜討論
URL http://www.ustream.tv/user/NewVoice-Ust
《出演者》
コメンテーター
○小菅亥三郎(専門学校ライセンスカレッジ 理事長)
○藤井守人
○本山たかはる(会社員)
司会
○小野美里(パーソナリティ)

JUGEMテーマ:政治


若い世代からの提言「教育都市宣言」

若い世代からの提言「教育都市宣言」

教育を変えれば、地域が活性化する!
福岡の若い世代を代表して、
「疲弊する地方」を立て直す方法を提言します。


日時 平成23年2月6日(日)15時開始(14時半受付開始)
会費 無料 
場所 福岡市男女共同参画推進センター アミカス
  (福岡市南区高宮3-3-1)西鉄天神大牟田線「高宮駅」西口すぐ

主催 特定非営利活動法人ディベイトジャパン
  (福岡市南区清水3-8-29-402)http://DebateJapan.sejp.net

Speaker;本山たかはる
昭和57年4月4日、福岡市生まれ。
平成18年、福岡大学法学部法律学科卒業 
同年、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)入社
現在 ヒトの教育の会常任理事
   NPOディベイトジャパン専務理事
   日本会議会員
   北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会会員


JUGEMテーマ:学問・学校


没後40周年 三島由紀夫の「声」

皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。


ここのところ急に寒くなって、風邪をひいてしまいました。皆さんもどうぞご注意ください。


さて今日は、今年で没後40周年を迎える三島由紀夫について少し書いて見たいと思います。



われながら意外なことに、このブログでも三島由紀夫についてあまり言及したことがありません。また、アンケートなどで「尊敬する人物」を訊かれても、三島由紀夫と書くことは殆どありません。


しかし私にとって三島由紀夫は、間違いなく特別な存在であり、歴史上最も尊敬する人物なのです。それは、気軽には言及できないほど、です。


それでも今日、エントリーを書いてみようと思ったのは、ここで自分の原点に立ち返りたいと思ったからです。三島由紀夫の存在は、私にとって政治活動の原点であり、生き方の原点だからです。


私が三島由紀夫を知ったのは、小学校高学年のときでした。「福岡憂国忌」という追悼式典に参列した父が、帰宅しざまに私たち子供に対して「三島由紀夫という凄い人がいたんだぞ」と語ったのです。戦後日本において英雄的な生き方をした人物がいたとは夢にも思わなかった当時の私は、たいへん驚きました。


それから中学生になり、市立図書館に通うようになって三島由紀夫の全集を読み漁りました。旧版の新潮社刊全集は正仮名遣い正漢字で、とても中学生に理解できるものではありませんでしたが、古語辞典や漢和辞典を引きながら読みました。


その他、三島由紀夫について書かれたものは手当たり次第に読みました。少しでも関係あれば、小説や漫画にも手を伸ばしました。


なぜここまで三島由紀夫に魅かれるのか、自分のことながら不思議でした。私にとって三島由紀夫は、殆ど神のような存在であり、私は熱烈に「三島由紀夫になりたい」と希ったのです。


三島由紀夫が何故死んだのか、この40年間多くの憶測がなされて来ました。ナルシズムだとか情死だとか、侮蔑的な見方もあり、あるいは才能の枯渇だとか叛乱将校に憑依されたとかいう話もありました。それだけ三島由紀夫が多彩な生き方をした証でしょう。


ひとつ事実として言えることは、三島由紀夫の死は戦後における日本独立派の政治勢力を生みました。それは一般的には「新右翼」とカテゴライズされる勢力で、従来の「親米的」右派ではなく「反米的」右派を指します。その政治勢力は属国日本にあって常に迫害を受けながらも、細々と続いて来ました。


敗戦後の属国日本という政治体制は民主党政権によって、ある意味「究極」を迎えつつあります。日本が属国であり続けることによる弊害が、至るところに露呈しつつあるのです。これまでは、日本人はアメリカの属国でいるほうが楽でした。しかしこれからはそうではないのです。


没後40年経って、三島由紀夫の声はますます真実味を増しています。これまでのように、軍国主義とかファシズムとか右翼とか、余計なフィルターをかけている場合ではないのです。私たち日本人がこの世界でサバイバルしていくのに何が必要なのか、真剣に考え、行動せねばなりません。


ひとつ言えることは、「憲法9条では恋人すら守れない」ということです。

第四十回福岡憂国忌
  三島由紀夫・森田必勝 両烈士慰霊祭
  
 日時:11月23日(祭日) 午後1時
 場所:福岡市 筥崎宮参集殿 2階
 講演:拓殖大学名誉教授 井尻千男 先生
 会費:一般2000円、学生1000円

JUGEMテーマ:政治

本日、国民大行進!



■北朝鮮人権侵害問題啓発集会&北朝鮮に拉致された日本人を救出する国民大行進

平成22年10月17日(日)

午前9時半〜 街頭活動準備(天神ソラリアステージ前)
午前10時〜12時 街頭活動開始(同上)
午後1時〜2時 北朝鮮人権侵害問題啓発集会 (福岡市役所15階講堂)
午後2時〜3時30分 国民大行進(市役所〜明治通り〜福ビル〜大丸前〜国体道路〜エルガーラ〜市役所)
午後4時 全行程終了予定

尚、啓発集会は参加費無料、デモ行進は雨天決行となっております。
奮ってご参加ください。

江戸の心と人間教育 (陽明学研究家 橘一徳氏)

皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

今日はおすすめ動画を紹介させていただきます。



http://www.youtube.com/hitonokyoiku

この講演は毎月福岡で行われている「井口感性塾」という勉強会の一幕です。毎月色んな方がお話をされ、教育をめぐるさまざまな問題について討論が行われます。毎回、非常に勉強になる場ですので興味のある方は参加されるようお薦めします。

詳しくはこちら→http://hito-kyoiku.com/

JUGEMテーマ:教育

あなたの家族が北朝鮮にいます。

救う会福岡が配付したチラシの内容をご紹介します。一人でも多くの皆様のご参加をお願い申し上げます。

以下、引用---------------------------

ある日突然、家族がいなくなり、
独裁国家・北朝鮮に連れ去られたと
告知される・・・。
そんな悪夢があなたを襲ったら、
あなたはどうしますか?

いまも日本からの救いの手を待っている
日本人が、北朝鮮にいるのです。
ともに声をあげ、拉致被害者を
全員とりもどしましょう!


北朝鮮に拉致された日本人を救出する国民大行進
&北朝鮮人権問題啓発集会


日時:平成21年9月20日(日)13時から
場所:警固公園(福岡市中央区天神)
主催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する九州連絡協議会


国民大行進

本山たかはる公式サイトはこちら!

憲法とは何か、ゼロから考えよう

犯罪国家・北朝鮮が三日連続で短距離ミサイルの発射訓練を行い、また核実験も実施しました。本年4月5日に長距離ミサイルを発射したのに続き、5月25日の核実験、国際的な非難を無視しての連続ミサイル発射です。

北朝鮮の暴発がいよいよ懸念される情勢です。各国は戦争への備えについて言及し、北朝鮮自身も非常に挑発的な声明を発表しております。

また、わが国においても首相が「敵基地攻撃」に関して見解を述べるなど、先制攻撃論が注目されております。先制攻撃論については、国会議員では西村真悟議員が、とくに繰り返し述べて来られました。

核戦争の時代に国を守るには、敵基地を先制攻撃するというオプションを保持していることが重要です。専守防衛では、一度目の攻撃で反撃能力を失う可能性があるからです。

そこで議論になるのが、やはり憲法です。わが国はアメリカを中心とする連合国(UN)との戦争に敗れ、強制的に憲法を全面改定させられました。その憲法の理念を根拠に、日本の防衛政策を封じようとする政治勢力が、わが国には存在し、大きな影響力を保っています。

憲法学では憲法に二つの意味を持たせます。第一に、その国のあるべき姿。第二に、権力を規制する法。その両者の性格を併せ持つのが、憲法です。憲法には不文のものと明文のものがありますが、何れも広い意味で憲法とされます。

そのような本来的な意味において、「日本国憲法」という憲法典は、憲法ではありません。そこには、日本国の本来あるべき姿が投影されておりませんし、権力を規制できてもおりません。

日本国憲法が日本の有効な憲法でないとすれば、わが国には憲法がないのでしょうか。決してそうではありません。わが国にも、歴史と伝統に基づく不文憲法があります。

これからの日本は、そのような不文の憲法に従って国家と国民を守るために行動していかねばなりません。

※※※お知らせ※※※

我々は北朝鮮の暴挙を決して許さない!
全面制裁を実施せよ!ヒト・モノ・カネを完全に止めろ!

≪緊急抗議活動≫
日 時:平成21年5月30日(土)午後二時から四時まで
場 所:福岡市中央区天神・天神ソラリアステージ前
主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会(救う会福岡)

※※※お知らせ※※※

全国縦断シンポジウム
『現代日本の諸悪を撃つ!!』−戦後憲法を超えて−

【福 岡】
平成21年6月13日(土)午後2時〜4時30分
会場/福岡ビル9階5ホール 福岡県福岡市中央区天神1丁目11番17号
http://www.nishitetsu.co.jp/f-hall/
福岡市営地下鉄「天神」駅(東3B番出口)より徒歩約1分
西鉄天神大牟田線「福岡(天神)」駅より徒歩約3分

パネリスト/ペマ・ギャルポ(桐蔭横浜大学大学院教授)
会費/1000円(学生500円)
主催/国家構想研究会議

本山たかはる公式サイトはこちら!

4月12日(日)南区にて街頭活動を行います!

皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

昨晩、大野城市で開催された福岡から日本を変える会の懇親会ではたくさんの方から有意義なお話を伺うことができました。ありがとうございました!

さて、その場でいかるが代表から発表されたのですが、来る4月12日(日)より、福岡市南区の各地でお昼の街頭宣伝活動を行う運びとなりました。

当日はお昼の12時に福岡市南区高宮の「福岡市男女共同参画推進センター・アミカス」に集合し、打ち合わせを行います。もし、私たち『福岡から日本を変える会』の活動に参加してみたい!あるいは見学してみたい!という方がおられましたら、どうぞお越し下さい。

日時:平成21年4月12日(日)正午
 ※たいへん恐縮ですが、昼食は済ませてお出で下さい
場所:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス (〒815-0083 福岡市南区高宮3丁目3-1
内容:街頭宣伝活動打ち合わせ
主催:福岡から日本を変える会
 ※アミカスへお越しの際は電車、バスをご利用ください。地下1階にピア高宮駐車場(有料:30分毎200円)がありますが、台数に限りがあります。
 ※西鉄高宮駅西口を出てすぐです。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。