スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

本日より九州縦断キャラバンです

色々あって暫く更新が途絶えてしまいました。さて今日より三日間、私は新風福岡の宣伝カーに乗って九州を周ります。全県は行けませんが、おおよそ九州を縦断する形になるでしょう。

ふだんは県外に出ることは殆どない新風福岡の宣伝カーですが、新風の夏の全国キャラバンを九州において担うために今回の実施に至りました。お盆はほんらい先祖供養をせねばなりませんが、私がまとまった休みを取れるのがこのチャンスしかありませんでしたのでこの日程になっております。

キャラバンの様子は逐次このブログにて報告致しますのでよろしくお願い致します。

全国政策研究会に参加して

維新政党・新風の全国政策研究会に初めて参加しました。前回は東京で行われ、今回は京都開催でした。福岡からは新幹線で三時間もかかりませんので、近くなったものだと思います。

党本部主催の政策研究会はマニフェスト作りを目的としており、今回は数ヶ月前に各地方本部ごとに設定したテーマをもとに研究成果の発表と討議が行われました。すべてが発表されたわけではありませんが、とても良い議論ができたと思います。

政策発表に先立って第二次憲法試案に関して討議したのち、大まかに申し上げますと「経済格差問題」「林業問題」「地方分権問題」「年金問題」「エネルギー問題」「科学技術振興策」などについて発表があり、意見交換を行いました。

新風というと知っている方は「大上段に天下国家を論じる」「国防問題にしか関心がない」というような理解が多いのかも知れませんが、実はそうではない、ということが証明できる研究会になったと思います。「生活がだいじ」なんてことは当たり前です。いま日本が抱える問題は山積みですが、その殆どが戦後体制の欠陥に繋がって行きます。

例えば、ある社会問題を解決するのにこういう方法がある、と解っていても実行されないことが多々ありますが、それはわが国が主体性をもってものを考え、行動できないことに原因があります。

私たちはついついタカ派的な発言を目立たせてしまいますが、迂遠であっても一つ一つ国民の皆様にわかりやすく説明することの必要性を感じさせられました。そしてそれは不可能ではない、ということも今回の政策研究会で確信しました。

私は前回の選挙の時に運動員として次のようにマイクで訴えました。「皆さん、新風には提案があります。日本を変えて、日本を強くする提案があります」と。わが党にはどんどん新しい同志が集まっています。今回も初対面の方のほうが多かったくらいです。そして新風はより具体的で細かい提案ができる下地が整いつつあります。

私たちはまだまだ未熟ですが、確実に前進しています。