スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
筥崎宮にて天長節をお祝いする

本日12月23日、今上陛下におかれましては76歳のお誕生日をお迎えになられました。ここに国民のひとりとして、心よりお祝いとお喜びを申し上げます。

今日は朝の8時半に有志が筥崎宮に集まり、参道のごみ拾いをしたのちにお宮の「天皇誕生祭」に参列しました。筥崎宮の神事はたいへん厳かです。私も年に数回、筥崎宮の神事に参列させていただく機会があるのですが、このお祭りを拝見することがひとつの楽しみになっています。

今日の福岡の天候は晴れと雨の繰り返しでした。神事が始まった頃は小康状態だったのが、神楽の奉納の頃には再び小雨が振り出し、お祭りが終わって式典が済む頃にはまた晴れました。本殿のすみに参列して神の庭を眺めていると、ただ雨が振ったり止んだり、晴れ間が差したり雪がしとしと落ちるだけで、あたかもその空間が世間から切り離され、神威に包まれているように思えるから不思議です。

そんなときにぼんやりと考えるのは、神道の特殊性についてです。神道はいうまでもなく宗教と違います。宗教の定義は様々ですが、ここでは仮に「教義に基づく信仰」とするなら、古来から伝わる神道には教義も教典もありません。

古来より日本人は山や海、あるいは石や剣に神の魂が宿ると考え、これを崇敬して来ました。これはいわゆる「アニミズム(精霊信仰)」に分類され、世界各地の原始的な信仰に共通性を見出すことができます。しかしそれが日本ほど形式だって整えられ、この時代に継続してきたのは稀有な例と言ってよいでしょう。

わが国に仏教が伝わり寺院が建立されるようになるまでは、神殿も鳥居もなかったと云います。人々は神社を通さず、直接「神の依り代」を祀ったわけです。しかし神社は単に「拝礼の施設」として造られたわけではないことが、神道の神事を見ているとわかります。人々は「人の形をなさない神の霊」に対して、あたかも人に対して最大限の供応をするがごとき儀式を行うのです。

すなわち神道の神事とは、はじめに神霊に御殿へお出まし願い、お酒や食べ物をお出しし、感謝やお願いの言葉を言上し、かつ神楽の舞などをご覧頂いた後にお帰りいただくわけです。いうなれば、人としてなしうる最大限の「接待」をすることなのです。そうやって日本人は神々と向き合って歴史を辿ってきました。神々とは、天地を造った存在であったり、大自然だったり、歴史上の英雄だったり、ご先祖様だったりします。

天皇陛下の本質は、まさに日本民族を代表して「神々をお祭りすること」にあります。天皇陛下はお祭りを通じて日本国への神々のご加護を祈願し、それに基づいて日本を統べるのです。故に、皇位は神聖であり、いかなる政治権力者もその御存在を脅かすことが赦されませんでした。

今上陛下もまた、ご高齢で公務ご多忙の中でありながら祭祀を続けておられると聞きます。今日もまた国民のために祈られる陛下に対し、私たちは感謝の想いを忘れるわけにはいきません。陛下におかれましては末永くご健康であらせられますよう、衷心よりお祈り申し上げます。

天長節
作詞:黒川 真頼
作曲:奥 好義
 
今日の吉(よ)き日は大君の
うまれ給いし吉き日なり
今日の吉(よ)き日は御光(みひかり)の
さし出給いし吉き日なり
光遍(あまね)き君が代を
祝え諸人(もろびと)もろともに
恵み遍き君が代を
祝え諸人(もろびと)もろともに
 
明治二十六年

| ノンカテゴリ | 15:15 | comments(4) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 筥崎宮にて天長節をお祝いする
ブログのカスタマイズ完了しました
 システム移行とカスタマイズ作業のため、更新を休止しておりましたが、完了しましたので再開します。今後はもう少しまめに更新できるよう努力致します。

 なお、公式サイトのほうも内容を追加した上で、年内にリニューアルする考えです。平成22年もしっかりとした気持ちで始められるよう、準備を進めたいと思います。

 今後とも本山たかはるを宜しくお願い申し上げます。
| ノンカテゴリ | 18:40 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - ブログのカスタマイズ完了しました
ブログカスタマイズ中です
 現在、ブログのシステム移行に併せてカスタマイズを準備中です。

システム移行は完了しましたが、その間投稿していただいたコメントの一部が消えてしまい、まことに申し訳ありません。

カスタマイズが完了しましたら再度お知らせ申し上げます。
| ノンカテゴリ | 21:09 | comments(2) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - ブログカスタマイズ中です
予想投票日まで、残り555日。
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

平成23年4月10日を次期統一地方選の投開票日と仮定すると、当日まで残すところ555日となりました。挑戦を決意して公表したのが今年の元旦で、本格的に街頭活動を開始したのが4月です。

この間、実に色んなことがありました。出会いや別れ、嬉しいことや悲しいこともありました。しかし、これから先はもっと多くの苦難が待ち受けていることと思います。私は最初に市議選への挑戦を決意したとき、「いったん決めたからには、どんな壁にぶつかっても挑戦を止めない」と誓いました。

私は子どもの頃から飽きやすい性質で、何かをコツコツやることが苦手でした。しかし今のところ、週一回早朝の街頭演説は途絶えることなく継続できています。それは何より、少ないながらも一緒に頑張ってくれる仲間達がいるからこそ、できているんだと思います。

私が福岡市議を志すにあたって、第一の政策課題に掲げたのは教育問題です。政治通の間では、教育問題では票はとれない、というのがこれまでの常識でした。しかし昨今の教育問題の深刻さは、そうも言っていられない段階に来ています。私は教育問題一本で当選する先例を作らねばならないと考えています。

私自身、この福岡市で小学校から大学まで学んできました。その中で、心から尊敬できる教師との出会いはごく僅かでした。子どもというのは、大人の本心を敏感に察知します。大人が真剣に子どもと向き合っていなければ、子どもにはそれがわかるのです。

これまでのような腐敗した教育を、これからの子どもたちに同じように受けさせるわけには行きません。私は郷土を愛し、この土地に生まれ育つ子どもたちを思うが故に、「学力日本一、道徳世界一の福岡」を掲げて統一地方選挙まで突っ走ります。

どうか皆様のご支持とご支援をお願い申し上げます。

メールマガジン登録はこちら!

本山たかはる公式サイトはこちら!
| ノンカテゴリ | 23:47 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 予想投票日まで、残り555日。
水害のお見舞い申し上げます
平成21年7月24日(金)、福岡市など九州北部地方では豪雨が発生し、福岡県内で2万世帯に避難勧告が出される事態となりました。土砂崩れなどによる死者も5名を越え、なお行方不明の方もおられます。

このたび被害に遭われた皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

福岡市内におきましても、239世帯に住居の浸水被害が発生、13箇所が土砂崩れを起こし、157箇所の道路が水没したようです。西区では周船時川の堤防が決壊を起こしました。

私の住む集合住宅におきましても大雨の影響でエレベータが故障し、車椅子の住人が部屋に戻れない事態となっていました。幸い、夜中の0時前には復旧しました。

今日に入っても各地での被害状況が報告されております。早期の行方不明者発見と、すみやかな復旧を願います。

今回の水害は史上最悪であったそうです。より水害に強い都市づくりを目指さねばならないと、改めて決意した次第です。

本山たかはる公式サイトはこちら!
| ノンカテゴリ | 16:58 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 水害のお見舞い申し上げます
結婚について考える
志賀海神社にて

皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

私事ではありますが、昨日は愚弟の結婚披露宴でした。福岡市のとある岬に鎮座し、海神を祭る小さな神社で結婚式を行い、その近くのホテルで披露宴を開催しました。

弟は九州でも大きいほうの企業に勤めているためか、非常にたくさんの職場の皆様がお祝いに駆けつけて下さいました。わが家は男三人兄弟で、両親のもと苦難の時期もともに乗り越えて来ました。それぞれ社会人になってからはバラバラに暮らしておりますが、歳の近い兄弟ですので、わが分身のような思いで、披露宴の終わり頃には感極まってしまいました。

人は結婚してやっと一人前になるとよく言われます。昨日ははじめてその意味が理解できました。私は学生時代に2年以上も披露宴でのアルバイトをしてきましたが、弟が結婚する段になってようやく理解できたのです。

結婚とは、まさしく新しい家庭をつくる行為です。男はそこで初めて、一家の長としての自覚と責任が生まれます。結婚を機にして自らの人生を振り返り、改めて生み育ててくれた親への感謝の思いに包まれます。

わが家は幸いにも両親ともに健在ですが、きっとおおいに安堵したことでしょう。そして披露宴にはそのカップルの生きざまがあらわれます。弟夫婦がいかに周りの方々に愛されて、支えられているのかが、よくわかりました。

私はそんな弟のことを心から誇りに思います。

さて今日は、日本会議福岡の女性部会3周年記念講演会に参加させていただきました。世界的に有名なブライダル・ファッションデザイナーの桂由美先生が来福され、講演なさいました。

桂先生はウエディングドレスを日本に広めたことで知られるそうですが、伝統を守り活かすことの大切さを強調しておられました。今はタレントの結婚式でも神式が流行していますが、桂先生もことあるごとに神式での結婚式を勧めておられるそうです。

私もいつになるかはわかりませんが、もし適うなら妻となる人に白無垢を着せてあげたいものだと思ったのでした。しかしあと2年間は、市政へ向けた挑戦に、わが身を削ることをお誓い申し上げます。明日も、出勤前に大橋駅前で早朝街頭演説を行います。

本山たかはる公式サイトはこちら!
| ノンカテゴリ | 19:43 | comments(4) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 結婚について考える
私は雨をおそれない


ブログのタイトルとデザインを変更しました。新しいタイトルは「本山たかはる、戦いの記録。」です。もう少し更新の頻度を上げられるよう努力しますので、今後ともご愛顧の程宜しくお願いします。

さて、ここで自分にとっての平成20年を簡単に振り返ってみたいと思います。10大ニュースはmixi日記に書いたのですが、その記事を書くために今年の日記をざっと読み返してみると、実に波乱に満ちていていたことを改めて感じました。

このブログを開設したことも、私にとっては大きな意味をもっています。それまではmixi日記に書いていた自分の行動記録を、もっと公の場にもさらしてみようと思ったのがブログ新設の動機でありました。その際、過去に使ってきた朱斑羽というハンドルネームではなく本名を出すのには、まったく勇気が要らなかったかといえば嘘になります。

しかし私たちの政治活動は、名前を隠してこそこそやらねばならない類のものではありません。正々堂々と、顔を出して訴える。選挙を通じて日本を変えるとは、そういうことだと私は思っています。私たちは妙に奇をてらった、過激な主張をしたいわけではないのです。

平成20年1月より私は新風福岡幹事長に就任し、福岡に新しい政治勢力を結集する基盤づくりに努めて参りました。新風福岡としては県本部副代表に鵤卓徳大野城市議を迎えたこと、第二事務所を開設したことが特筆すべき成果でした。来年以降の飛躍的党勢拡大の下準備は整ったのです。

また、3月に結成された「人権擁護法案に反対する市民の連帯:FUKUOKA」は三ヶ月連続の市民集会、議員事務所への陳情、街頭署名活動等で短期間ながらめざましい展開を見せました。法案自体が空中分解してしまいましたので、市民の連帯も事実上の活動休止状態ですが、万が一国会での策動が再開されれば市民の連帯も早急に動くことでしょう。

思えば、今年は動けば動くほどに、自分の未熟さを思い知らされることが続きました。いろんな方からお叱りのお言葉もいただきました。しかしそれらはすべて、今の私の糧になっております。

さて、来年からは個人的にも苦しい戦いに突入します。このブログには文字通り「戦いの記録」を公開していくことになるでしょう。私は自分自身の原点に立って、この戦いに望みます。その途上でどんな苦難が待ち受けていようと、怯むことなく前進することをお誓い申し上げます。

最後になりましたが、皆々様のご多幸をお祈りします。どうか良い歳をお迎え下さい。
| ノンカテゴリ | 03:29 | comments(2) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 私は雨をおそれない
Addio,LUCCHINO.


私は学生時代、いくつもアルバイトをしました。引越、教科書販売、宴会配膳、レストランバーのホール、派遣日雇い、縁日の屋台、クラブのボーイ・・・。それらのアルバイトの中でもっとも思い出深いのが、天神にあるイタリアン・レストランバーでの2年間です。

そもそも私は大学に入ったとき、短期ばかりでなく何か長期のバイトも経験せねばならないと思い、自分が最も不得意と考えていた接客業を選び、ホテルでの宴会配膳派遣会社に登録しました。それから2年程、毎週土日は市内の大手ホテルに出向き、主として結婚披露宴等のウエイターをやりました。

宴会配膳の仕事も私の人生にとってとてつもなく大きな経験になったのですが、接客業に慣れたころに始めたレストランバーでの仕事は、また大きな経験になりました。ホテル宴会の場合はお客様は毎日変わります。披露宴もそうですが、遠方からのお客様も多いわけです。

しかしレストランバーのような店は、いかにして良い常連客がつくか、ということが店の質を決めます。平日のバイト先として選んだレストランバーは、実によい常連客が集っている場所でした。

福岡は比較的バーの多い都市であるといわれています。そして良質の店が多い。その店のバーテンダーも腕が良く、お酒の知識や接客について、また人生についても、私は多くを学びました。古くからの客様は新人をよく可愛がってくれましたし、そのようなお客様から教えていただくこともたくさんありました。

一言でいえば、アットホームな店でした。私は大学卒業前にアルバイトを辞めましたが、就職してからもたびたび遊びに行き、宴会なども可能なかぎり利用するようにしました。私にとってまさに一番落ち着く、帰るべき家のような場所でした。

その店が昨日、およそ20年の歴史に幕を閉じたのです。

多くの人にとって思い出深いお店がなくなってしまうことは、たいへん悲しいことです。私はその店の最後を見たくなかったので、昨日は行きたくありませんでした。しかし、自然に足は向いていました。

夜の10時頃に分厚い木製の扉を押すと、ほぼ満席でした。不況の影響もあって売り上げに苦しんでいる話はよく聞いていましたが、酔客で賑わっていた昔を彷彿とさせる姿でした。カウンターにも空席はなく、私の顔をみつけたオーナーは私を更衣室に通しました。とまどいながらも、黒いベストと黒いエプロンを身につけて、私はカウンターに立ちました。

バーのカウンターから見える世界は実に煌びやかです。バイトを辞めて4年以上経ちますが、はじめぎこちなかった私の体もすぐに感覚を思い出して、せっせとグラスを洗い、拭きあげたのでした。

最後の日を無給のスタッフとしてお手伝いできて本当に良かった。せめてもの恩返しができたのだと思っています。
| ノンカテゴリ | 17:06 | comments(1) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - Addio,LUCCHINO.
これからのこと、新しい展開について
今年を総括するには、自分自身としてはまだ早いと考えていますが、自分の人生にとって非常に重要な一歩を踏み出した年になったと思います。そして来年は、また新しい一歩を踏み出すことになります。

平成20年は新風福岡幹事長としての活動で始まり、手探り状態の中、人権擁護法案に反対する市民の連帯を旗揚げしたり、山崎拓を落選させる運動を行ったり、あるいは新風福岡の組織固めに奔走してきました。

そして自ら実家を飛び出し、開設された県本部第二事務所をわが居と定め、事務体制の構築に苦心しました。さいきん漸く、事務所としての機能を果たせるようになってきたと思います。

失敗もたくさんしましたが、良い経験になりました。昨年までは末端の党員として、本部などに「もっとこうしたら良いのに!」と批判めいた言挙げもしてきましたが、実際に地方組織の運営側に回ってみて解る苦労があったのも事実です。

せっかく新しく党員になってくれたのに、県本部として充分にフォローできず疎遠になってしまう、ということもありました。物理的な制約があるとはいえ、おおいに反省せねばならないことであると思います。

しかしそのような反省の中から、来年からの新しい展望、次に挑むべき目標、というものが生まれました。それはまさしく、自分じしんの人生を投げ打っての挑戦、ということになるでしょう。

さて、明日(12/6)は北九州市小倉駅前にて新風福岡の街頭情宣を実施します。北九州支部長の意向により、「国籍法改正反対」を主要テーマと定めました。法律じたいは本日(12/5)参議院で可決してしまいましたが、新風としては「だから今の政治家、政党ではだめなんだ」ということを言いたいわけですから、決行します。

今年の後半はゴタゴタもあって、新風福岡としての街頭活動がなかなかできませんでした。そして明日の小倉駅前が、おそらく今年最後になります。しかし来年は、しっかり年間スケジュールを作って、毎月きっちりやります。いまその年間スケジュールを作成中です。

私たちはあくまで「選挙を通じて」日本再建を訴える組織ですから、これからはより一層、一般有権者の心に届く宣伝活動をせねばなりません。今年はそのことを強く感じさせられた年でもありました。

これらの反省と、来年からの展望については12/13の県本部総会にて共有することになります。そして年明け1/3には、新風福岡として三社参りを行います。去年同様、「箱崎八幡宮」「崇福寺」「福岡県護国神社」の予定です。
| ノンカテゴリ | 00:39 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - これからのこと、新しい展開について
帰福しました
四日間に渡る九州キャラバンの全日程を終え、無事に事務所へ戻りました。

キャラバンの詳しい報告はまた改めて記します。ひとまず今日はくたくたなので身体を休め、明日からの勤務に備えます。

この場をお借りして、キャラバンに協力くださった皆様と応援してくださった皆様に心より感謝申しあげます。
| ノンカテゴリ | 17:11 | comments(3) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 帰福しました

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH