スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
平成26年を振り返る
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

今年も色んなことがありました。仕事の面でも、活動の面でも多くの学びや変化がありました。中でも、祖母が亡くなったことと、福岡黎明社の辻幸男代表が亡くなったことは、私の中でとても大きな出来事でした。

平成25年の参院選以降は選挙に絡むこともないだろうと思いながら、友人からネット選挙のアドバイスを求められたり、衆院選を機に次世代の党を支援し始めたりと、選挙と聞けばじっとしていられなくなるのでした。

来年、27年は統一地方選の年です。私は今度の市議選は見送りますが、何人か友人知人が統一地方選に挑戦する予定ですので、陰ながら支援するつもりです。

そして何よりも拉致問題。今年は大きく進展するかに見えましたが、全くの肩すかしでした。来年こそは拉致被害者を救出できるよう、運動を盛り上げて行こうと思います。まずは現役自衛官や自衛隊OBに対し、救出運動への賛同と参加を求めて行きます。救出運動と自衛隊を現場レベルで結び付けねばなりません。

また、27年は作家・見沢知廉の10回忌です。そこで、初めて「蒼白忌」という追悼イベントを東京で行います。この追悼イベントには見沢知廉の弟子であり、『テロならできるぜ銭湯は怖いよの子供達』のモデルになった平田竜二氏が主催者として参加されます。

その他、福岡でも仲間を募って新しい運動を展開して行きます。WEBメディアも中途半端になっているので、しっかりと育てて行こうと思います。

なんやかんや、来年も忙しい一年になりそうです。それでは良い年をお迎えください。
| 本山たかはるの活動報告 | 15:21 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 平成26年を振り返る
比例で合計140万票獲得した「次世代の党」は必ず飛躍できる。


皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

衆院選挙が終わり、期待した次世代の党の獲得議席数は2議席に留まりました。比例だけで合計すると約140万票を獲得しています。衆院選はブロック区制のため比例での議席獲得はできませんでしたが、参院比例なら全国区なので1〜2議席を狙える数字です。小選挙区はほとんどが1人区ですので、小政党にはもともと不利です。

同じく日本維新の会から分派した「維新の党」はほぼ議席数を維持しました。比例では1議席増です。維新が勢力を維持できたのは大阪維新の会などの地方議員組織が支えたためと思われます。次世代の党にはそのような地方議会勢力はほぼ存在しません(旧日本創新党系のみ)。その中で140万票とったことは良しとすべきでしょう。社民党が約130万票ですから、結党100日程度で既成政党に勝ったのは凄いことです。

日本の有権者は約1億人で、投票した人はその半分、5,000万人程度です。次世代の党の得票率は2.65%で、社民党と生活の党を上回っています。これは充分、次の飛躍を狙える数字です。確かに議席数は大幅に減り、党は壊滅的敗北を喫したように見えますが、衆院前職の大半は日本維新の会の「風」に乗って当選した人々です。いずれにせよ衆院選では小選挙区で1位と接戦に持ち込めるくらいの実力がないと比例復活もできませんから、次世代の党が今回の衆院選で議席を減らすことは誰もが予想していたことでした。

おそらく次世代の党は来年の統一地方選で地方議員を多数輩出し、国政選挙に備える計画だったのでしょう。しかし安倍総理の不意打ち解散によって当てが外れました。今回の敗北により、統一地方選で次世代の旗を掲げようとする地方議員候補者は殆どいないでしょう。私じしん、地方選に挑んだことがあるので判ります。

さてこれから次世代の党はどうすべきか。私はこの結果を見越して選挙中から次世代の党の支持者に対して「次世代の党に入党しよう」と呼びかけて来ました。党執行部の考えはわかりませんが、少なくとも今回次世代の党を支持し、実際に街頭演説に集まるなどして支援した人々には、次世代の党に入党していただきたいと願っています。

どこかの政党の党員になるということは日本人にはあまり馴染まないかも知れません。しかし日本を変えるためには、国民の多くが何れかの政党に所属している状態が望ましいと私は考えています。いまの選挙制度だけでは、民主主義を実現するのは困難です。党員になり、政党を通じて意思を実現するという手順が必要です。

憲政史家の倉山満氏によると、近代政党を形成するには「綱領」「組織」「議員」が必要です。次世代の党には「綱領」がありますが「組織」がありません。「組織」を形成するのが党員です。そして「議員」は「組織」がないと当選できません。だから党員が殆どいないであろう次世代の党の議員が落選するのは当然なのです。

既成政党の党員数について正確な数はわかりませんが、過去のデータからおよそ次の数値に近いでしょう。

自民 約100万人
民主 約20万人(サポーター含む)
公明 約40万人
共産 約40万人

次世代の党に投票した人は140万人ですから、10人のうち3人が入党すれば40万人を越えます。たちまち公明共産程度の勢力にはなれるのです。それくらいの組織ができれば、地方選で次世代の党の旗を掲げる、あるいは当選後に次世代の党の会派を地方議会に形成する動きも生まれるでしょう。これを来年の4月までに実現せねばなりません。国政選挙というのは、陣営の足腰となる地方議員がいなければ戦えません。来年の統一地方選を逃せばさらに4年後となり、その間に参院選と衆院選が確実に行われます。そうすれば次世代の党は二度と立ち上がれないでしょう。

次世代の党はこの140万票を前向きに捉え、そのように宣伝し、ただちに党員獲得に全力を注ぐべきです。来年の4月までに何としても40万人の党員を獲得し、前職国会議員を含め勝てる候補者を地方議会に送り込むのです。選挙直後の今だからこそできます。私も微力ながら応援を続ける覚悟です。
| 本山たかはるの活動報告 | 23:06 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 比例で合計140万票獲得した「次世代の党」は必ず飛躍できる。
拉致被害者家族が野党から立候補した重み
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

いよいよ衆院選投票日を迎えました。

私は今回の選挙で「次世代の党」を支援することを決めましたが、その最大の理由は拉致問題です。安倍政権は2年前の総選挙で拉致問題解決を掲げながら、この2年間何もできませんでした。それが許せないのです。裏切られたとまでは言いません。すさまじい努力もされたのでしょう。しかしそれでも、許してはならないのです。

選挙の最終日はたまたま救う会の署名活動でした。救う会は選挙運動ではありませんから、特定の政党への支持を訴えるわけには行きません。ただ事実を伝えたいと思いました。それが下記の動画です。

最初の1分だけでも結構ですから、これを聴いて投票に行ってください。



| 本山たかはるの活動報告 | 02:21 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 拉致被害者家族が野党から立候補した重み
「次世代の党」が日本を救う!衆院比例は「次世代の党」へ!
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

今日は次世代の党九州ブロックによる選挙演説を聴きに行って来ました。動画をYoutubeにUPしましたので是非ご覧ください。







私は前回の参院選で日本維新の会の全国比例候補者を支援しました。そのときは維新の会を支援するというよりも、その候補者本人の資質をみて、この人は是非国会議員にすべきだと思い支援しました。

その後、維新の会は分裂し、さらに結の党と合流して「維新の党」になりました。「みんなの党」左派と「維新の会」左派が合流したのが、「維新の党」ですから、維新の党は残念ながら左派政党と呼ばざるを得ません。

私は「日本維新の会」右派であった「次世代の党」に注目して来ました。やがて「みんなの党」が解党し、同党右派も次世代の党に一部合流しました。現在、わが国の国会において「次世代の党」は唯一の右派野党と言えます。(太陽の党はもともと次世代の党の兄弟政党で、選挙直前に合流しました)

次世代の党は結党から100日ほどしか経っていません。しかしこれまでの実績は目覚ましいものがあります。いわゆる従軍慰安婦の虚構が暴露されたのも、朝日新聞が記事を訂正し謝罪したのも、すべて「次世代の党」の議員の尽力があってのものです。

私は、次世代の党は絶対に無くしてはならない政党だと考えています。次世代の党には若くて優秀な議員がたくさんいます。彼ら彼女らを再び国会に送らねばなりません。しかし今回の解散は、次世代の党にとってあまりに過酷でした。次世代の党が現在の議席数を維持することは難しいでしょう。

しかしそれでも私は次世代の党を強く支持し、支援したい。心ある日本国民の皆さんは、次世代の党に投票してください。あなたの一票が、日本を変える力になります。次の世代に豊かな日本を残す力になります。

衆院選、比例は「次世代の党」と書いて下さい!宜しくお願いします。
| 本山たかはるの活動報告 | 18:37 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 「次世代の党」が日本を救う!衆院比例は「次世代の党」へ!
「河野談話」は「河野談合」だった
いわゆる河野談話(慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話)について政治決着がつきました。わが国のWEB言論からは「これからは河野談話ではなく河野談合と呼ぼう!」という声が沸き起こっています。

河野談話とは、平成5年に河野洋平官房長官(宮沢内閣)が出した日本政府の公式コメント(但し閣議決定はされていない)で、いわゆる従軍慰安婦問題に関し、日本政府が旧軍の関与を認めた根拠とされて来ました。このようなコメントを出したことにより、その後の外交的損失は計り知れません。

今回、第二次安倍政権下で談話の作成経緯が検証され、公表された意義は非常に大きいと言えるでしょう。談話の立場を継承する、ということを付け加えていますが、これは「まだ戦後レジュームを壊しませんよ」という意味です。しかし政治的には、河野談話は無価値になったのです。

以下、読売新聞より引用。

河野談話、韓国と表現すり合わせ…見直し行わず

 政府は20日、いわゆる従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話の作成過程を検証した報告書を、衆院予算委員会理事会に提出した。

 報告書では、談話を作る際に日韓両国が文言を調整し、金泳三キムヨンサム大統領も内容を了解していたことが明らかになった。両国は、協議した事実は公表しないことで一致し、元慰安婦の聞き取り証言は裏付け調査をしていなかったこともわかった。

 検証は、談話作成に携わった石原信雄元官房副長官が2月に国会で、両国が事前調整した可能性に言及したことなどを受けて始まった。報告書は、菅官房長官の下に但木敬一・元検事総長を座長とする有識者5人のチームを作り、4月下旬から、関係者の聞き取りや資料の検証を進めながらまとめられた。

 報告書によると、談話作成は韓国側から提案されたという。両国のすり合わせでは、慰安婦募集の「強制性」の表現が最大の論点となった。「本人の意思に反して集められた事例が数多くあり」との記述に対し、韓国側は、すべてが意思に反していたとの趣旨にするよう求め、結局談話では「総じて本人たちの意思に反して」という表現が加えられた。談話発表前日の93年8月3日夜には、在日本韓国大使館から日本外務省に対し、金大統領が「日本側の案を評価している」との連絡があった。

 日本政府は、資料や聞き取り調査の結果、「いわゆる『強制連行』は確認できない」と結論付けていた。しかし、河野氏は談話発表当時の記者会見で「(強制連行の)事実があった」と、異なる発言をしていた。

 韓国人元慰安婦の聞き取り調査は、韓国側が選んだ16人を対象に行った。「記憶がかなり混乱」しているケースもあったが、「事後の裏付け調査や他の証言との比較は行わなかった」とした。聞き取りは「事実究明よりも、日本政府の真摯しんしな姿勢を示すことに意図があった」といい、談話の原案も、聞き取り調査終了前に作られていたとした。

 95年に設立した「アジア女性基金」を通じ、韓国人元慰安婦61人に「償い金」などとして、1人当たり500万円を支払ったことも指摘した。

 菅官房長官は20日の記者会見で「河野談話の見直しはしない」と語った。河野氏は20日、「当時、日韓関係の大きな問題を乗り越えるために懸命に努力し、その結果が『河野談話』だ。新たに付け加えることも、差し引くこともない」とのコメントを発表した。
| 本山たかはるの活動報告 | 12:45 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 「河野談話」は「河野談合」だった
平成25年を振り返る
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

早いもので平成25年もあと数時間で終わります。今年も年越しは高宮八幡宮でご奉仕の予定です。ふだんはなかなかご奉仕できていないのですが、この日だけは続けられることを感謝したいと思います。

今年は私個人にとっても激動の一年でした。もっとも大きいのは、会社を転職したことでしょう。この転職はまったくの予定外のことでした。しかしいま振り返ってみると、運命だったとしか思われません。私は仕事が嫌で仕事を辞めたことはありません。これまで勤めてきた職場はすべて愛着があります。しかし自分の中でその時々に決断をして、次のステージに移っています。

その転職の狭間に、参議院選挙がありました。私は日本維新の会から立候補した岩本壮一郎氏を応援しました。岩本氏は非常に優秀な人物で、選挙戦を通じてそのことをよく知ることができました。しかしあまりにも時間が足りず、岩本氏への支持を広げることはできませんでした。それでも、私はやりたかったネット選挙を思い切ってやることができました。

これで、選挙や政治に対する変なわだかまりは捨てることになりました。暫くは選挙に携わることもなくなるでしょう。私はその後、起業するつもりでしたが、修行のつもりで入社したIT企業が素晴らしいベンチャー企業でした。今年の終盤は、この新しい仕事に夢中になり、いまのその途上にいます。来年はなんとかこの仕事を軌道に乗せたいと思います。

今年も多くの人に助けられました。心配もおかけしました。しかし私はますます意気軒昂で、戦う意欲に溢れています。フィールドは次々に変わりますが、変革こそがわが人生です。必ず世の中を変えて見せます。どうか見守ってください。来年も宜しくお願い申し上げます。
| 本山たかはるの活動報告 | 18:26 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 平成25年を振り返る
江崎道朗氏が福岡で講演「ヴェノナ文書が暴いたルーズヴェルトの戦争責任」
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

8月4日、福岡国際ホールにて日本会議福岡による「英霊顕彰・県民の集い」が挙行され、評論家・ジャーナリストの江崎道朗先生が「ヴェノナ文書が暴いたルーズヴェルトの戦争責任」と題して講演されました。その内容に非常に感銘を受けましたので、報告します。

江崎先生によると、近年、世界各国で第二次世界大戦当時の外交機密文書が公開されています。これは1991年以降の流れで、とくにアメリカでは95年から「ヴェノナ文書」が公開され、逐次CIAが文書に関する研究レポートを公開しているそうです。同様の情報公開はロシアや日本でも行われています。

アメリカではこの情報公開によって保守主義者による歴史見直しが進んでいる、すなわち、「ルーズヴェルト政権はソ連のスパイ工作によって対日戦争に引きずり込まれた。その結果、アメリカは共産主義の台頭を招き、国益を損なった」というような評価がなされつつある、というのが江崎先生の分析です。

日本ではあまり報道されていませんが、2005年、ブッシュ大統領はラトビアにて「ヤルタ会談は間違いだった」という主旨の発言を行い、ロシアや中国の反発を招いています。一方でアメリカの草の根保守運動からは「ヤルタの屈辱を晴らした」と絶賛されます。ブッシュ大統領は、ヤルタ会談の結果としてソ連に併合された東欧諸国に謝罪したわけです。

またアメリカの草の根保守運動の間では、「コミンテルンの対米対日宣伝戦によって、日米両国は戦争に突入し、結果的に中国共産化を招いた」という評価になっている(なりつつある?)ということです。いずれにせよ米国でも日本でもマスコミをリベラル派が握っているため、表立っては報道されていません。

戦前も戦中も戦後もアメリカは一枚岩ではない、日本は「日本を強くすることがアメリカの国益に叶う」という宣伝戦を日本が行うべきだと江崎先生は主張します。このことは、軍学者の兵頭二十八先生が繰り返し訴えておられることと通じるものがあると思います。つまり宣伝戦に尽きるのです。ここが日本の弱点なのです。

私はこれから、「宣伝」に特化して仕事をしていこうと思います。もう一度「パブリック・リレーション」について勉強し直します。議会とか、選挙とかいうものに、もともと執着はありません。自分がやるべきことをやる。その示唆を受ける、とても良い機会になりました。江崎道朗先生に心から感謝します。

(この記事における見解の文責はすべて本山にあります。江崎道朗先生の見解を知りたい方は先生の御著書を参照ください)
| 本山たかはるの活動報告 | 01:03 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 江崎道朗氏が福岡で講演「ヴェノナ文書が暴いたルーズヴェルトの戦争責任」
参院選ご支援の御礼
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

参院選が終わって、本当は細かい分析をせねばならないのですが、挨拶周りなどでまだできていません。

何はともあれ、ご支援いただいた皆様に心から感謝申し上げます。正直言って、ここまで票が出ないものとは思いませんでした。やはり短期間での選挙準備には無理があるようです。公設掲示板にポスターを貼れない比例候補というのも大きなハンデでした。

それにしてもネットで票を取れた実感がありません。岩本陣営に関してはネット選挙運動の成果は限りなくゼロ票に近い気がします。(フレンド票を得るための通信手段としては有効でした。)

今後の運動方針含め、しばらく考えてみます。取り急ぎ、御礼まで。
| 本山たかはるの活動報告 | 16:56 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 参院選ご支援の御礼
岩本壮一郎の政策 「経済成長と国家自立」
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

参議院選挙、投開票は7月21日(日)です。このブログを目にしていただいた方、わが国の選挙権をお持ちであれば、必ず、投票に行ってください。

そして、もし私の考えに賛同いただけるなら、岩本壮一郎に一票を託してください。

その考えとはこうです。

日本の将来は暗い。だからこそ今、改革できる政治家が出現せねばならない。

岩本壮一郎の政策は下記をご覧ください。

▽岩本壮一郎の政策、若い力とネットの力で日本を変える!
http://ameblo.jp/afro8888/entry-11572818493.html

▽岩本壮一郎の政策、自立した強い日本をつくる!
http://ameblo.jp/afro8888/entry-11574358502.html

何度か書きましたが、岩本壮一郎は必ずとてつもない政治家になります。私が保証します。

一緒に日本を変えましょう!

| 本山たかはるの活動報告 | 12:45 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 岩本壮一郎の政策 「経済成長と国家自立」
「若い世代」の代表者を国会へ!
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

参議院選挙がはじまって4日ほど経ちました。私が支援している岩本壮一郎陣営は、そもそも公示の直前に公認が下りたため、連日徹夜で選挙戦を戦っています。

岩本壮一郎候補がどういう人物なのかは、前回概略をお伝えしました。しかし実際問題、当選の可能性があるのか、どういう政策を持っているのかなど、気になることが多いと思います。

岩本壮一郎が立候補したのは参院全国比例です。参院比例にはふつう、知名度の高いタレント候補や、特定業界の利益代表者が擁立されます。しかし岩本壮一郎候補はそのいずれでもありません。

それでも勝てるのか?私は充分勝つ可能性があると思います。参院比例の選挙方法はドント式と言って、まず政党の得票によって各政党の獲得議席数が決まります。その中で、個人名での得票が多い順に議席が割り振られます。

日本維新の会が全国比例に擁立している候補者は30名です。比例全国区で維新が獲得する議席数が仮に10枠とすると、個人票で維新の10位以内に入ると当選、ということになります。

もし岩本壮一郎の名前を残り短い期間にインターネットで広め、維新の候補者の中で少しでも突出させることができれば、当選させることができます。そうすれば、岩本壮一郎はわが国の憲政史上初めて「若い世代の力、ネットの力で当選した議員」ということになります。これこそが、日本の閉塞感、分厚い既得権益層を打破する突破口になるのです。

岩本壮一郎が当選すれば、必ず歴史が変わります。日本が変わります。そして国会議員になってからも世間の驚く活躍を見せる、それだけの潜在力をもった候補者です。

以上、私見ではありますが、ご理解いただければ幸いです。

もし良かったら、下記の動画をご覧ください。そして、ご家族やご友人に見せてみてください。是非宜しくお願い申し上げます。



尚、政治家のFacebookランキングで岩本壮一郎のページが維新内1位になっています。Facebookを利用している方、是非「いいね!」をお願いします。

▽岩本壮一郎と明日の日本を創る会
https://www.facebook.com/soichiro.no1

* * * * * * *

参院選全国比例 候補者 岩本壮一郎(いわもと・そういちろう)

公式サイト http://iwamoto-soichiro.com/
ブログ http://ameblo.jp/afro8888/

【投票方法】
すでに期日前投票が始まっています。福岡市内であれば、区役所で投票できます。選管からの葉書が無くても、身分証があれば大丈夫です。
投票用紙は二枚あり、二枚目が全国比例です。全国比例は「岩本壮一郎」とお書きください!




| 本山たかはるの活動報告 | 16:16 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 「若い世代」の代表者を国会へ!

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH