<< 安倍首相にはがっかりだ | main | 中学生のための三島由紀夫入門 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
近代政党を建設せよ!
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

今日は、いま私が考えている今後の運動展開について書いておこうと思います。それは、近代政党を建設するということです。以前も書きましたが、日本には近代政党がありません。

日本の政治が迷走する最大の原因は、近代政党が存在しないことです。自民党を保守政党だと思っている人が多いですが、自民党は国民政党であって保守政党ではありません。自民党に思想はないのです。

近代政党の必要性を強くしている倉山満先生の定義によれば、近代政党の要件は「綱領」「組織」「議員」です。このうち「組織」づくりが、保守派全般に弱いところです。保守派は思想では結びつきますが、生活的に結びつかないのですぐに内紛を起こし、バラバラになります。結束力が無いのです。

この「組織作り」というのは非常に労力がいります。金もかかります。しかも少数政党のための組織作りですから、参加者にはメリットがありません。しかしメリットがなければ多くの人は参加しません。思想で飯は食えないからです。多くの人が参加できなければ、それは組織とは呼べません。

次世代の党は歴代の幹事長が離党し、創立党首が任期を残して離党するなど、12月の衆院選以降も潰走を続けています。中山恭子新体制では、来年の参院選へ向けて起死回生の戦略を立てているところでしょう。その中で、私が希望を抱いているのは若き幹事長、和田政宗参院議員です。

この和田政宗という新進気鋭の政治家の下に、次世代の党を近代政党化する組織づくりを展開して行きたいと考えています。組織がなければ、国会議員だけの少数政党は漂流します。離合集散を繰り返し、やがて消滅します。しかしこの小さな火を消してはなりません。

いま日本において近代政党化できる可能性のある組織は次世代の党しかありません。この政党を飛躍させねば、日本政治の再建は50年遅れるでしょう。この激変の時代において、50年の遅れは、国家の滅亡を意味します。いやむしろ、私はいまの日本を滅亡した状態と見ています。いまこそ、日本復活の最後のチャンスなのです。

11月23日、西村眞悟前衆院議員が福岡憂国忌で講演され、同月28日、和田政宗幹事長がイフコン福岡で講演されます。この二つのイベントに主催者側として関われることに、運動家の喜びを感じています。どうか一人でも多くの方に、ご参加いただきたいと思います。

第45回福岡憂国忌 三島由紀夫 森田必勝 両烈士慰霊祭
講演 前衆院議員 西村眞悟先生
場所 筥崎宮 参集殿2階
会費 一般2000円(学生1000円)
主催 福岡憂国忌実行委員会

タウンミーティング「IFCON福岡」
日時:平成27年11月28日(土)14:30−16:30
会場:アスクビル1階
   福岡市区博多博多駅東1−16−25
講師:和田政宗 参院議員
会費:1000円(党員と学生は無料)
| 本山たかはるの活動報告 | 18:12 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 近代政党を建設せよ!
スポンサーサイト
| - | 18:12 | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
コメント
コメントする









PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH