<< 68回目の「敗戦の日」に | main | 第43回 福岡憂国忌のお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
東京オリンピックと震災復興
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

先日、我々団TVというUSTREAM番組に出演し、オリンピックと震災復興について議論しました。

2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることが決まったわけですが、これによって東北の震災復興が遅れる、あるいは、復興していないのに復興したことにされてしまうのではないか、という危惧する声があるようです。

この問題を考えるときに、そもそも何をもって復興と呼ぶのか、という定義が重要になります。例えば津波で壊滅した街が、そっくりそのまま再現されるということはありえないわけです。南三陸町などは高台移転が進んでいるようですが、高台にまとまった土地があるわけではないので、住宅街がバラバラに形成されることになります。

インフラの問題、経済活動の問題から考えても、課題の多い復興計画であるように思えます。まさに共同体の危機です。原発事故のあった福島県などは、いつになったら元の土地に戻れるのかすら分かりません。

ふつうに考えれば、東日本大震災の復興は7年ではとても済まないでしょう。しかし、わが国はオリンピックを国を挙げて招致し、実際に選ばれました。ということは、世界に恥をかかないためにも、これから7年以内に復興を成し遂げねばならないのです。

私の考える復興は、被災者、被災地域の自立です。募金や、行政からの金銭的支援がなくても、被災地において人々が経済活動を行い、自ら得た収益で生計を立てることができる。これが自立です。

また、少なくとも全ての仮設住宅は不要になっていなければならないでしょう。原発周辺地域については、立ち入り禁止区域が廃止されていなければならないでしょう。福島第一の原子炉は完全に封印され、放射線が漏れない状態となり、周辺の放射線量が国際的安全基準を満たす状態になっていなければなりません。

もし2020年の東京五輪が決まっていなければ、復興の「期限」はずるずると引き伸ばされ、ついに復興しなかった、ということもあり得たでしょう。しかしこの目標ができたことで、復興は加速するでしょうし、加速させねばならなくなったのです。

7年後、わが国が世界に堂々と復興の姿を示し、同時に、復興支援の手を差し伸べてくれた国々に感謝を述べることができるでしょう。日本人ならそれができる。私は、そう考えます。
| 本山たかはるの政治論 | 21:57 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 東京オリンピックと震災復興
スポンサーサイト
| - | 21:57 | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
コメント
コメントする









PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH