<< 新年の抱負 | main | 参院議員候補者に問う、拉致被害者をいかに救出するか。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
兵頭二十八『「日本国憲法」廃棄論』を読む
平成の軍学者・兵頭二十八先生が新刊を出されましたのでご紹介します。

草思社刊『「日本国憲法」廃棄論』1600円

今年の3月に出されたご著書ですが、今日ようやく読了しました。

本書では占領下における<憲法押し付け過程>について、最新の知見が詳述されています。

ちょうど今年の参院選で、安部自民党は憲法改正を争点に加えるとされています。先日は産経新聞社も新憲法案を発表しました。いよいよ、憲法について議論を深め、現実のものにしていかねばなりません。

憲法改正・新憲法制定については様々な議論がありますが、兵頭先生は「無効確認・復元改正論」に近いお立場です。現憲法(と呼ばれている文書)は国会で成立無効を宣言し、帝国憲法の改正条項から改正すべき、ということです。先生は帝国憲法の欠陥についても解明され、より改正を容易にせよ、という趣旨です。

そもそも、現憲法を全面改正することは、現憲法の規程に従う限りできません。自民党の憲法草案も絵に書いた餅です。前文を含め全面改正するには、いったん廃棄=成立無効の確認を行うしかありません。現下の日本は、直接間接の侵略に晒される非常事態です。しかも日本を守るという建前で占領を続ける米軍が、また自国の都合で撤収の準備を進めています。まずわれわれは米国のフィルターを通さずに世界を見、世界に対面せねばなりません。幸い、本書によって<なぜわが国は、自衛権を否定するような珍妙な憲法典を押し付けられたのか>その理由を知ることができます。

私は今後の人生を「日本独立運動」に費やす上で、戦後日本を研究せねばならないと考えていました。そのために幾つかの書籍にもあたっていました。その中で兵頭先生の新刊はまさに暗部を光で照らす快著でした。ぜひ本書を一人でも多くの方にお読みいただきたい。あなたの疑問を解き明かすこと、請け合いです。
| 本の山 book review | 10:05 | comments(1) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 兵頭二十八『「日本国憲法」廃棄論』を読む
スポンサーサイト
| - | 10:05 | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
コメント
時々拝見しております。

浜武しんいちへの応援の言葉ありがとうございました。
| 志誠会 | 2013/05/27 12:23 PM |
コメントする









PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH