スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

新年の抱負





 皆さん、あけましておめでとうございます!福岡の本山たかはるです。

 昨年は新規事業の立ち上げに関わるという、人生の一大転機となった年でした。

 私自身、経営の経験はなく、介護業界に関する知識が皆無のところからのスタートでした。多くの皆様が回りで支えてくださり、見守ってくださいました。

 私たちが立ち上げた「通所介護事業所」は、介護を行うのではなく「お年寄りが介護を必要としないですむように」するためのサービスです。開業して半年、まだ採算ベースには乗っていませんが、確実に「需要」があると感じています。

 政治の世界で言えば安倍政権が成立しました。私は安倍首相の「愛国的」な主張に共感することも多々ありますが、安倍内閣が進めようとしている財政政策・金融政策には危惧を抱いています。それは、これまで自民党長期政権が進め、民主党政権がさらに悪化させてきた、国家財政を破綻に追い込みかねないものだからです。

 おそらく、今後数年で日本の財政はこれまでにない危機を迎えます。その結果、高齢化によって増大しつつある医療費や介護費について、政府は賄いきれなくなるでしょう。国民の負担は増えることがあっても、減ることはありません。

 私が勤務する事業所も、介護保険から介護給付を受けています。もし介護保険制度が破綻すれば、たちまち立ち行かなくなるでしょう。しかしそれでも、この事業は必要です。それは、高齢者が筋トレを行うことによって医療や介護の必要性を減らすことになるからです。

 より大きな視点に立つならば、これから日本国民は「自衛」せねばならなくなります。これまでのように、すべてを行政任せにできる時代は終わりました。私は市議選で「依存からの脱却」を訴えましたが、まさに今後「依存できない社会」が到来するのです。

 私は今年、可及的速やかに事業を採算に乗せ、さらに利益が出せる仕組みを作りたいと考えています。言うは易し、行うは難しですが、これまで以上に死力を尽くし、事業を成功させたいと思います。

 そしてその先にある「市民の自立」と「地域共同体の再生」へ向け、ひるまず歩みを進めて参ります。どうぞご支援の程宜しくお願い申し上げます。

スポンサーサイト

コメント

新年明けましておめでとうございます。
本年のご活躍に期待させて戴きます。正月に福岡に帰省し、
宗像大社と住吉神社に参拝いたしました。
新たに事業を立ち上げられたとのこと、そのエネルギーに敬服いたします。私も自分で事務所を構えることを思慮していますが、最近思い切ってやってみようかと考えているところです。

  • 寒菊
  • 2013/01/24 23:39