スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

第41回福岡憂国忌、盛大に開催。



皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

かねてお知らせしておりました通り、去る11月23日(祝日)に福岡市東区の福岡リーセントホテルにて第41回福岡憂国忌が開催され、500名近くの方が参列くださいました。内、国会議員や地方議員も総勢20名ほどお見えになりました。記念講演では元海上保安官の一色正春氏が「尖閣を守れ!―海上保安官の使命と誇り」と題して、領海警備の現状などについて解りやすくお話されました。

福岡憂国忌は例年、筥崎宮の参集殿で開催されますが、今年はYoutubeへの支那漁船衝突映像公開で一躍有名になったsengoku38こと一色正春氏が講師ということで、より広い会場として福岡リーセントホテルになりました。しかし、実際にはさらに予想を上回る入場者で立ち見も出るほどでした。長時間立ったまま講演を聞いていただいた皆様には申し訳なく思います。ホテル側にもあるだけ全ての椅子を出していただいたようです。

一色氏のお話の中で改めて解ったことは、わが国は領海警備ができていないということです。尖閣ビデオが撮影された当時も、周辺海域には100隻以上の支那漁船が航行しており、内30隻が日本領海に侵入して漁を行っていました。それに対しわが海上保安庁はわずか4隻程で退去警告を行うのみ。それが慣習化していたというのです。そこで何故か支那漁船が意図的に衝突してきた、そこで初めて拿捕・逮捕、ということになります。

わが国の法律では海上自衛隊が領海警備を行うこともできません。普段の海上パトロールは、研究調査という名目で行っているそうです。従って領海警備はわずかな人員しかいない海上保安庁が担うことになります。現実問題、尖閣諸島沖の海の支那漁船は野放し状態です。そのような実態が日本国内でほとんど知られていない、あるいは関心が薄いという問題もあります。

一色氏は最後に、「政治の不甲斐なさを政治家のせい、マスコミのせい、他人のせいにしてはならない。政治が悪いのは私たち一人一人の国民に責任がある」という主旨のことを仰いました。まさしくその通りだと思います。

今年の福岡憂国忌は過去になく盛大なものとなりました。これもひとえに、支援者の皆様のお陰です。実行委員の一人として、深く感謝御礼申し上げます。私は三年連続で司会を務めさせていただきましたが、憂国忌の度に大きなエネルギーをいただいている気がします。私がもっとも尊敬する歴史上の英雄・三島由紀夫の祭典に携わることができ、これに勝る喜びはありません。

また一年間、三島由紀夫の精神を思いつつ精進致します。まことにありがとうございました。

スポンサーサイト

コメント