<< 拉致問題で政府転覆しない不思議 | main | 国政の機能停止という運命的必然 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
被災地への直接支援こそが必要
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

あと10日もすれば東日本大震災の発生から3ヶ月となります。中央では政局も不安定化して来ましたが、被災地ではいまだに統一地方選を執行する目処すら立っていません。菅内閣の震災対応は、いかに未曾有の大災害とは言え、被害を拡大させ後世に禍根を残すものと断ぜざるを得ません。せめて禅譲して欲しいところですが、この危機に際して相応しい宰相の器が、中央政界に見当たらないのは残念なことです。

先般被災地を訪問し、かつ様々な情報を総括して感じるのは、被災者に対して充分な支援が届いていないということです。報道でも明らかな通り、自治体や日本赤十字社を通じて集められた義捐金はまだ2割程度しか分配されていません。4月の8日には配分割合決定委員会の第一回会合が開かれた筈ですが、配分の方法について未だに揉めています。

▽義援金配分割合決定委員会の設置について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000018en2.html

▽義援金、早急に一律配分を=「遅れ、腹立たしい」−厚労相
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011053000678

瓦礫の除去一つとっても、ボランティアの力に頼るには限界があります。その一方で、ボランティアの受付や派遣について、全国の自治体が機能しているとも言えません。福岡市は官民共同のボランティア派遣を始めましたが、ボランティア活動を希望する人数に比べて遥かに少ない人員しか送っていません。

被災自治体によっても差があるようですが、現地では行政よりも民間ボランティアが被災者の暮らしをかろうじて支えています。被災地域があまりにも広大であるゆえに、各ボランティア団体も地域を限定して活動せざるを得ず、被災地全体を俯瞰しづらい現状もあります。

おそらく夏までには仮設住宅の供給が追いつくものと思われますが、仮設に入るにしても生活に必要な物資が不足しています。義捐金の配分すら遅々としている中では、被災者は最低限の生活すらままならないことになるでしょう。一方で、報道では復興が進んでいるという印象を受けます。とくにテレビなどでは明るい話題をとくに選んで流す傾向があります。

しかし復興とは何でしょうか?真の復興とは、被災者が他者の支援を必要としなくなる状態です。そういう意味では、復興は遠く、容易ではありません。いま必要な支援は、被災者が自立し、自活するための支援です。もともと家計を支えていた人々が、以前の収入を回復できるよう、産業を立て直すことです。

東北経済の復興は日本全体の問題です。遠い九州のわれわれにも無関係ではありません。地震発生から時間が経ったいま、私たちがすべきことは「祈り」ではありません。「行動」こそが必要です。

私は、政府に依存しない民間による被災地直接支援のため、6月18日に福岡を発って1ヶ月ほど宮城県に滞在します。前回同様、NGOフリーピースとしての出向となります。現地では宮城復興支援センターなどの業務を手伝うとともに、夏休みの大学生ボランティア受け入れ体制の調整を行います。

政府はもうあてになりません。民間で、できることをやりましょう。

NGOフリーピースでは災害ボランティアを募集しています。また、現地で不足している救援物資の提供も呼びかけています。是非ご協力をお願いします。

▼国際協力NGOフリーピース
http://free-peace.org/



| 本山たかはるの政策提言 | 18:48 | comments(5) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 被災地への直接支援こそが必要
スポンサーサイト
| - | 18:48 | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
コメント
放射能の危険性はご存知ですか?被災地の汚染瓦礫を全国に広めるような事は絶対に阻止してください。合理的に考えて福島第一原発周辺に汚染瓦礫や汚染汚泥、汚染野菜や魚を集めコンクリートで埋めるしかありません。いま政府は損害賠償額を低くすることしか考えておらず国民を放射能から守ることなど二の次です。許されません。一度放射能に汚染されれば最後です。煮ても焼いても放射能は消えません。放射能発見したキュリー夫人をご存知ですか?彼女は若くして白血病で死にました。彼女の娘も50代で白血病で亡くなりました。夫人の遺物からはいまだに高濃度の放射能がでています。考えてください。まずいま何をするべきかを。
| 逢坂 | 2011/06/01 11:42 AM |
こんにちは。福岡県が自然エネルギー協議会に参加していないのは非常に残念なことだと思うのですが本山さんはどのように感じられますか?玄海原発を抱える九電本店がある福岡県。この玄海原発は老朽化も酷く大変危険だと言われています。福岡は、七社会が利権を握っていて何かと福岡の発展を邪魔しているように思えます。危険な傾向です。
| 逢坂 | 2011/06/01 11:59 AM |
逢坂様

返信が遅くなってすみません。

政府の発表を信用できないお気持ちには充分共感できますが、放射線の害について過敏になりすぎるのもいかがなものかと思います。私は専門外ですので一概にこうだと言えませんが、多くの人がもう少し冷静に考えるべきだと思っています。

福岡で七社会が利権を握っているのは事実ですし、原発にも大きな利権が絡んでいるであろうことは容易に想像できます。しかし、いわゆる自然エネルギー(太陽光・風力発電など)が直ちに原子力や火力の代替になりうるとは思えません。

今後、原子力発電所の新設はおそらく難しいでしょうが、現状の原発を直ちに全廃すべきとも思いません。複数の発電方法が速やかに開発され普及する仕組みを、政府は直ぐに作るべきです。また自治体も、そのために努力すべきです。

以上が、現在の私の考えです。
| 本山たかはる | 2011/06/17 2:02 PM |
しかし、玄海原発の老朽化は酷いものですよ。
いつ大惨事が起きても不思議ではない。
あなたは若いのに、古い考え方をするね。
本当に福岡を思うなら、東北の惨状を見て現地の人の声を聞いて来たなら、
原発事故の齎した惨さを感じたのでは無いのか。
放射能だけの問題ではないじゃないか。危険だ答えは出せるのか?
原発推進するのなら。答えを。問題収束のための答えを。
福岡市民は九電に洗脳されてるのかな。
| 逢坂 | 2011/09/09 11:00 AM |
逢坂様
いま感情的になって議論しても議論が成り立たないと思います。放射線の害についても学者によって見解が異なりますので、素人が断定するのは危険です。
私はいま原発を推進すべきとも思いません。しかし即時全廃も現実的ではありません。わが国は多様なエネルギー供給源を模索すべきです。原発政策の何がまずかったのかも冷静に分析して今後に活かすべきです。
また、福岡市民が九電に洗脳されているということはありません。そういう侮辱はやめてください。
| 本山たかはる | 2011/09/22 1:46 PM |
コメントする









PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH