<< あなたの発火点は何度ですか? | main | 常識を超えるために >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
政治家は寝ていても許されるのか

皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。


本年11月に実施される福岡市長選挙は、早くも混戦気味です。現職である吉田市長の他にも数名がすでに名乗りをあげており、国政で引退勧告を受けた山崎拓を推す動きもあるようです。


政治腐敗の象徴のような山崎拓はともかくとして、吉田市長が再選をめざすというのは注目すべきことです。元佐賀市長が民主党の推薦を求めていることからしても、吉田を市長にした民主党内にも迷いが生まれているのでしょう。


はっきり言って、吉田市長は何もやっていない、無能の政治家です。西日本新聞出身の同市長が成し遂げたことは「市政だより」という市の広報誌のリニューアルくらいのものです。確かに「ふくおか市政だより」は吉田市政以前よりは格段に良くなりました。


一方で、市政だよりはそれまで自治組織が配付していたものを「全市全戸」西日本新聞に配付業務が委託されました。


このことについて、市側から何らかの説明が市民に果たされたでしょうか。寡聞にしてそのような話は聴きません。「李下に冠をたださず」という諺があります。権力者は、疑われるようなことをやってはならないのです。西日本新聞に市政だよりの全戸配付が業務委託された事実は、利益誘導と疑われても仕方のないことです。


そして、より問題なのは、吉田市長の最大の公約が反故にされたという事実です。吉田市長の最大の公約とは「アイランドシティへの子ども病院移転見直し」でした。


確かに吉田市長は、子ども病院の移転を「見直し」たのかも知れません。


しかし「見直し」というのは普通の日本語であれば「撤回」を意味します。福岡市民は無駄使いの象徴である「アイランドシティ建設」に批判的であり、計画の失敗を「子ども病院移転」で糊塗する「役人主導」にNOを突きつけたのです。


しかし吉田市長は見事に期待を裏切り、官僚と自民党が支配する市議会に屈服しました。


何もしない政治家とは何でしょうか。


戦わない政治家とは何でしょうか。


彼らに高給を食む権利があるのでしょうか。


市長選が混迷するのは当然のことです。少なくとも福岡市民は、吉田市長の再選を支持しないでしょう。しかし誰が市長になっても、市議会の構成が変わらない限り福岡市政は変わらないでしょう。


いま必要なのは、戦う地方議員なのです。


JUGEMテーマ:政治
| 本山たかはるの政治論 | 23:13 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 政治家は寝ていても許されるのか
スポンサーサイト
| - | 23:13 | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
コメント
コメントする









PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH