スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - スポンサーサイト
先達の死と福岡憂国忌
福岡憂国忌を長年主催してきた、福岡黎明社代表の辻幸男氏が逝去されました。第44回福岡憂国忌の5日前でした。

この記事は、22日、すなわち福岡憂国忌の前日に書いています。今年は忙しくて告知もできていませんでしたが、例年通り午後1時から、筥崎宮参集殿で開催します。万事予定通り執り行います。是非ご来場下さい。

辻代表への弔辞を救う会のブログに書きましたので、ここに転載します。



弔辞
(辻幸男代表へ)

辻さんが予告し、私たちが覚悟していた日が来ました。

最後の例会で、辻さんは私たちの顔を見回し、一人ひとりの名を呼びました。私も辻さんから名を呼ばれました。何度も呼ばれました。

思えば、辻さんの言葉によって、私の人生は何度も変わりました。辻さんは私にとって、政治活動における父親のような存在でした。

辻さんから受けた叱責は、誰よりも厳しいものでした。辻さんから受けた庇護は、誰よりも暖かいものでした。

辻さんの演説は、街頭で聞いても、講演会場で聞いても、烈しく、荒々しく、情熱に燃え、厳しく、深く、それはまさに魂の叫びであり、人の魂を震わせるものでした。

横で聞きながら感動に打ち震えたことは、一度や二度ではありません。

辻さんと私を繋いだものは、三島由紀夫でした。私にとって三島は、歴史上の人物ですが、辻さんにとっては、同時代にあって、その死にざまによって人生を規定された存在でした。

祖国を憂いて諫死した三島の魂を辻さんが継承したのであれば、祖国を憂いて獅子吼した辻さんの魂を継承するのは私たちです。

辻さんは、北朝鮮に奪われた同胞を救うという約束を果たすことなく逝かれました。

人生を賭けた憲法改正の実現を見ることなく逝かれました。

だから辻さん、私たちは戦いを止めることはありません。どうか魂魄となっても、私たちを叱咤して下さい。祖国が栄光をとりもどすその日まで。

ご指導、ありがとうございました。

救う会福岡幹事 本山貴春
| ノンカテゴリ | 21:52 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 先達の死と福岡憂国忌
呉善花女史講演メモ
以下は福岡市で開催された呉善花女史による講演のリアルタイム・メモのまとめです。文責は私にあります。

慰安婦像は韓国女性への侮辱だということに韓国政府は気づかないのか。こういう女性への侮辱を政府女性部がせっせとやる。女性の権利を擁護すべき女性部が。あとで恥をかくのは韓国人だ。

韓国が慰安婦問題を叫ぶのは日本に嫌がらせをしたいからだ。領土問題では国際社会で注目を集めることができないので、慰安婦問題を持ち出した。

日本統治時代に朝鮮半島では米の生産量が倍増し、人口も倍近くなった。最近韓国野党が、日本統治時代を評価する言論を禁止する法案をだしている。

日本人の精神性は極めて複雑で外国人には理解できない。韓国や中国の反日の根幹にはこれがある。日本人もうまく説明できないのが問題だ。

日本人の道徳性の高さは人間離れしているというのが外国人の感想。とくに震災時のエピソードは世界を驚かせた。その根幹にあるのは何なのか。震災後、世界で「日本人」がブランド化した。

世界で日本人とわかると途端に待遇が良くなる。世界で「日本人」がブランドになっている証拠だ。韓国人や中国人への態度とまったく違う。

韓国人がもっとも理解できないのは、日本のあらゆる場所に神社があること。いったいどの神様が一番偉いのか、誰もわからない。単なる樹木さえ、貴ぶのは何故なのか。

儒教において人間の先祖以外を拝むのは未開人。キリスト教では悪魔信仰になる。日本人には真理が無いので、何をするかわからない、と怖れている。つまり行動が予想できない。だから叩き続ける。

韓国人は武士道を野蛮と思っている。日本で武士道が成立した時代、朝鮮半島では文治主義的儒教が普及した。武人を侮蔑する気分が、日本蔑視の根幹にある。

儒教国では技術や芸術も蔑視するので、技術は今後も発達しない。日本はあまり儒教の影響を受けなかった。だから世界に文化を広めている。カラオケや、アニメも。

日本のアニメほど繊細なものをハリウッドすら作れない。それは何故なのか。何故日本だけなのか。自然に対する絶対的受け身思想があるからではないか。

日本人ほど天気予報を気にする国民はない。これほど自然災害の多い国もない。韓国では戦争のときしか避難しない。日本人は日常的に避難する。韓国には台風もあまり来ない。

日本では縄文時代から耐震技術があった。自然と一体になることが、日本の技術力の根幹。日本の自然は怖いが、それ以上の恵みを与えてくれるので、日本人は日本列島を離れない。

自然の脅威と恩恵が、日本のアニミズムを産んだ。日本人はあらゆるものに魂をみるので、モノをつくるにも魂を吹き込もうとする。だから日本人は粗末なものを作ることができない。

恨むことや嘆くこと、足りないものを埋めることが韓国人の生き甲斐。ハンの文化。日本人は足りないこと、不完全なものをそのまま受け入れる。もののあはれの文化。

過去を忘れる、水に流すという発想が韓国人には理解できないし怖い。韓国人では過去を忘れることはあってはならないこと。

日本人はすぐ散る桜を愛するが、韓国人は美しいものがすぐ散ることに耐えられない。桜とムクゲの違い。韓国では潔いことは美しくない。

日本人は多様な価値観をみとめて話し合おうとするが、韓国人は正しいことは一つなので、話し合う必要をみとめない。

間を置くとか察するという感覚は中国韓国にはない。日本は無理をして中国韓国と付き合おうとしない方がいい。

韓国人は強いものに従うので、日本人は韓国人にペコペコしない方がいい。低姿勢は外国人には美しく見えない。

日本の外では頭を下げたり両手で握手したりしてはならない。舐められる。

| ノンカテゴリ | 21:00 | comments(1) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 呉善花女史講演メモ
新年のご挨拶を申し上げます


今年も高宮八幡宮のご奉仕で新年を迎えることができました。
旧年中にご厚誼いただきました皆様に心より感謝申し上げます。
本年も新たな戦いの年になるでしょう。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
| ノンカテゴリ | 10:12 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 新年のご挨拶を申し上げます
ブログタイトル変更しました。
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

市議選以来、このブログのデザインは選挙モードのままでしたが、ようやく刷新しました。ついでに、ブログのタイトルも変えました。

因みに、このブログの最初のタイトルは「叛逆のディテイル」でした。選挙に出ると決めてから「本山たかはる、戦いの記録。」に変えました。そしてもう暫くは選挙に出ないと思いますので、「独立運動家になろう!」に変えたわけです。

方々で「これからは独立運動をやりたい!」と話して来ましたが、いよいよ始めねばと思います。とりあえず、基盤となるウェブサイトを別途構築中です。完成したらお知らせします。

では今後とも宜しくお願いします☆
| ノンカテゴリ | 11:13 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - ブログタイトル変更しました。
改めまして結婚のご報告と御礼


皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

4月に入籍のご報告を致しましたが、先日正式に高宮八幡宮のご神前で結婚の儀式を挙行し、親戚及び身近な方々にお集まりいただいてささやかな披露宴を行いました。ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでご厚誼下さいました全ての皆様に感謝申し上げます。

以下に、披露宴での私の挨拶文を転載致します。


本日は私どもの結婚披露宴に、多数お集まりいただきまことにありがとうございます。

私としましては久々の演説の機会ではありますが、長くなりますと顰蹙を買いますので、手短にご挨拶申し上げます。

今回初めて結婚致しまして、資金も何もない状態でしたが、どうしてもこれまでお世話になった皆様にご報告と御礼を申し上げたく、略式ながら宴席を設けさせていただきました。

本当であればもっと多くの方々にご案内差し上げたかったのですが、私の我儘で地元南区の会場に拘りましたので、ごく身近な皆さまにのみご案内差し上げました。しかし蓋を開けてみますと想定外の出席率の高さでありまして、このように会場が窮屈になってしまいました。本日はご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

さて私は常々、人の人生が評価されるときは生涯二度あると考えてきました。一度目は結婚式、二度目は葬式であります。つい先日、政治運動の大先輩であり、学生時代から大変お世話になっていた方が若くして亡くなりました。私はまったく恩を返すことなく、その方を失ったことに非常なショックを受けました。その方の通夜に参列しましたところ、とても凛々しい死に顔を拝し、また暖かな雰囲気に包まれた斎場で、まさにその方の人柄と生き様を見せられた思いでありました。

私たちは実に多くの皆様から薫陶を受け、御恩を頂戴し、今日この日を迎えております。まだまだ半人前の私たち夫婦でありますが、やっと足して一人前になることができました。

先人の言葉にありますように、個人が独立して初めて国家が独立します。これから二人三脚、新しい家庭を築き、神様の御恩、皇室の御恩、祖先の御恩、両親の御恩、先生方の御恩、先輩方の御恩、そして同志たちの御恩に報いて参りたいと存じます。

私はこれより、国を愛するように家庭を愛し、家庭を愛するように国を愛します。

そして国民を慈しむように妻・恵を慈しみ、妻を慈しむように国民を慈しみます。

非力で凡庸な私どもでありますが、これからも一層皆様のご指導ご鞭撻を賜り、精進致したく存じます。ここに深く深く御礼申し上げ、ご挨拶と致します。まことにありがとうございました。


これまでお世話になったにも関わらずお招きできなかった皆様には本当に申し訳ありません。資金や会場スペースの問題があり、限定的にご案内差し上げました。また、当日お手伝い下さった皆様に深く感謝申し上げます。

まもなく半年かけて準備したデイサービスが開業します。家庭をもった以上、ますます気合を入れて仕事に取り組もうと思います。今後とも宜しくお願いします。
| ノンカテゴリ | 20:03 | comments(2) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 改めまして結婚のご報告と御礼
新年のごあいさつと平成24年の展望
あけましておめでとうございます!福岡の本山たかはるです。

年越しは高宮八幡宮でご奉仕ですので、少し早めに記事をUPします。

昨年は私の人生にとっても大きな変化の年でしたが、日本、世界にとっても大きな変化の年となりました。ざっと自分のブログの過去記事を読み返してみましたが、まさにめまぐるしい毎日でした。ブログには書けない、苦しいこともたくさんありました。

私の平成23年は選挙で始まりました。4月の統一地方選挙に向けて2月に会社を退職。そして総決起集会の前日に東日本大震災が発生。震災に対して選挙は自粛ムード一色になり、投票率も1割低下し、組織票を持たないわが陣営は惨敗。その後、私はすぐに再就職するつもりでしたが、支援者の縁をいただいて宮城県へ復興支援へ行くことに。最初は支援物資をもってGW明けに、二度目は6月から約1カ月滞在。三度目は11月上旬にかけて1週間滞在。そして福岡へ戻り、老人福祉事業立ち上げをめざす方に誘われ、雇っていただきました。

思えば4月の立候補は実に無謀な挑戦でした。無謀であることは重々承知していました。しかし、やむにやまれぬ戦いでした。負けると判っていても戦いたい、福岡市民に変革を訴えたい。この一念でした。その思いは今も変わりません。時間を1年戻せたとしても、私は同じように戦うでしょう。無駄と分かっても、街頭で訴えるでしょう。

次回の市議選に出るのか、とよく聞かれます。当然、出ますと答えます。もっとも、前回と同じような戦いをする気はありません。次に戦うときは妻がいます。子供もいるかも知れない。支援者の皆様に対しても、負ける戦いをやっては申し訳が立たない。従って、次に私が立候補するときは勝算があるときです。次回の市議選までに当選を見込めるだけの準備をすることが、現在の私の課題です。

むろん、それは容易なことではありません。私にとって政治家になることは目的ではなく、手段に過ぎません。従って、選挙に勝つためだけに行動するということはできないし、したくないのです。前にも書きましたが、市議になろうとなるまいと、基本的に私の行動は変わりません。やるべきことをやる、ただそれだけです。市議になったほうが動きやすいし、影響力が大きいというだけのことです。

3年後のことはわかりません。もし私にまだ天命があるならば、私は躊躇せず戦うことでしょう。しかしその前に、日本や世界は大きな動乱の時代を迎えることになるかも知れません。平成24年は、さらなる変化の年となることでしょう。われわれは覚悟せねばなりません。

私は今年、老人福祉事業立ち上げのために全力を注ぎます。そして妻を娶り家庭を築きます。さらに、まったく新しい国民運動を同志たちと立ち上げたい。それは、日本の独立をめざす運動です。今年こそは、日本が独立へ向けて動き始める年にしたい。そのためにも、私たち一人ひとりの国民が独立せねばなりません。

最後になりましたが、平成23年は非常に多くの皆様にご支援を賜りました。ここに厚く感謝御礼申し上げます。法律の規定により、年賀状を出すことができないこと、何卒ご容赦下さい。年賀状を下さった方に対しては、自筆にて返礼させていただきます。若干時間がかかりますこともお許し下さい。

本年は皆様にとって飛躍の年でありますことを念願し、新年のご挨拶とさせていただきます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

     平成24年元旦 本山貴春 拝
| ノンカテゴリ | 00:00 | comments(2) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 新年のごあいさつと平成24年の展望
東日本巨大地震について
皆さんおはようございます!福岡の本山たかはるです。

このたび、東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

本日予定しておりました、私・本山たかはるの総決起集会は予定通り開催します。

ゲストのお一人である伊藤玲子さんも、先ほど鎌倉を出発されたそうです。

今回の災害は日本全体の危機です。無傷であった福岡市として何ができるか、皆さんと一緒に考える場にしたいと存じます。

一刻も早い人命救助と災害復旧を祈ります。
| ノンカテゴリ | 10:43 | comments(2) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 東日本巨大地震について
退職の挨拶
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

今日は勤務先の全体朝礼があり、次回の全体朝礼の時点ではすでに最終出勤を過ぎることになるので急遽退職の挨拶をさせていただきました。実際には引継ぎのためあと3日ほど出勤し、3月初旬までが有給休暇となります。

現在の勤務先には平成18年に大学を卒業してそのまま入社しました。ほんとうは東京で働きたくて、東京に本社がある会社を選んだのですが、地元に拠点がある新入社員の殆どが地元近辺に配属されました。

私は学生の頃から、「サラリーマンは3年やって起業したい」と考えていました。平日は営業の経験を積んで、「週末起業」を行って独立への準備をする予定でした。現在の勤務先が「営業に強い」と聞いていたことも、入社を決めた要因でした。会社を立ち上げれば、社長自ら営業に奔走せねばならないことが明らかだからです。

しかし大学卒業間際に政治運動に関わるようになって、就職後に参院選の手伝いをする機会などもあり、徐々に「平日にサラリーマン、週末は政治活動」という生活にシフトしていきました。そしていつしか、「自分の能力と時間を政治活動に集中させたい」と思うようになりました。

やりたいこと」でメシを食うことは難しいとよく言われますが、政治活動で生計を立てる道は限られています。「いつか地方議員になりたい」という漠然とした思いがいつしか芽生えることになりました。そんな中、同志の中から地方議員を出し、政治改革の展望を拓こうという機運が生まれ、私は当然のごとく志願しました。

いまの勤務先がイヤだったということは正直ありません。2年ほど営業職を経験し、福岡市内の住宅を一軒一軒回りました。その後、とつぜん総務部に異動を命じられ、右も左もわからないまま色んな重要な仕事を与えられました。学生の頃は「サラリーマンなんてたいしたことないだろう」とたかを括っていましたが、意外に大変な仕事ばかりでした。

幾つかの部署を回されたことや、同期がバラバラの部署に散らばっていたこともあり、社内でもたくさんの人々と接する機会を与えられました。私にとっていまの勤務先は社会の縮図でもありました。コミュニケーション、調整、プレゼンテーション、企画など、社会人として必要な素養の多くを学びました。そう、私にとって会社は学校でした。

新卒社員が比較的少ないこともあり、私たちは恵まれた立場に置かれていました。それでいて業界の競争は激しさを増し、一人ひとりの社員が社運を担う強い自覚を求められていました。常に変化する会社で、仕事に飽きることはありませんでした。

先日、親しい先輩方に開いていただいた小宴で私はこう挨拶しました。「この会社は、私にとって根っこです。この会社の社員であったことは、今後私がどういう立場に立とうとも変わらず、忘れません。今度の挑戦は、あくまでいままでのサラリーマンとしての自分の延長線上にあります。これは、私にとって実存を賭けた戦いなのです」。

勤務先には、感謝してもしきれないほどの恩があります。育ててもらった恩に報いることなく、入社丸5年を前にして退職することには多少の後ろめたさもありますが、少しでも社会を良くすることで恩返ししたいと思います。幸い、上司や先輩方、後輩の中にも応援してくれるという方が何人もおられます。出勤前に街頭演説をしているのを見てびっくりされた同僚の皆さんも多く、社内では噂にもなったようです。こんな変な男を批難することなく、温かく見守ってくださったことにも感謝しています。

みんなの思いをわが思いとし、それに答えるために全力を尽くします。それが私の使命だと信じるからです。
| ノンカテゴリ | 23:25 | comments(3) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 退職の挨拶
本山たかはるが答えます!
皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

次の福岡市議会議員選挙まで、残り1年ほどとなりました。これまで私は街頭でもブログでも、一方的に自分の考えを皆さんにお伝えして参りましたが、今後は双方向での展開も取り入れていきたいと考えています。

その第一弾として「本山たかはるが答えます!」(仮)というコーナーを、このブログで始めます。私の政治的な考えや、プライベートなことについても、皆さんの質問に答えます。

「自分はこう思うけど、君はどう思う?」といったご意見でも構いません。是非、私への質問を下記メールフォームよりお送り下さい。

http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P56576719

質問に対する答えは、長くなることもあると思いますし、一言で終わることもあるでしょう。しかし本音でお答えさせていただきます。

その他、いっそう私の政策提案をわかりやすくお伝えするために、動画によるお伝えも始めます。毎回、10分程度で私の考えをお伝えして参りたいと思います。

さてブログの他にも、ミニ集会などを開いていきたいと考えています。サラリーマンですので平日は難しいのですが、土曜日曜などにミニ集会や勉強会を開催して、市民の皆さんとの交流を進めて行きます。こちらも、検討してもよいという方がおわれましたら上記メールフォームよりご連絡下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

JUGEMテーマ:政治
| ノンカテゴリ | 00:58 | comments(0) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 本山たかはるが答えます!
恭賀新年

謹んで新年のお祝いを申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、まことにありがとうございました。
平成二十三年春の挑戦に向けて、本年は愈々正念場となります。
どうか今後ますます、ご指導ご鞭撻を賜りたく伏してお願い申し上げます。
最後になりましたが、皆様方のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

平成22年 元旦 本山たかはる

皆さんこんにちは!福岡の本山たかはるです。

元日はお昼過ぎから西鉄大橋駅前にて街頭演説を実施しました。福岡は朝から雪がちらついていましたが、幸いにも午後は晴れました。

丁度一年前の今日、私は初めて自分の名前を書いた幟を立てて、同じ場所で演説し、福岡市政への決意と提案を発表しました。つい昨日のことのようです。しかしこの一年、実に色んなことがありました。

今日は1時間弱演説しましたが、この一年間で練ってきた主張を凝縮できたと思います。その上で、さらに一歩進んだ視点で訴えました。それは次のようなことです。

皆さん、これから日本は必ず地方分権が進むでしょう。いままでは市町村が都道府県に依存し、都道府県が国に依存し、国は外国に依存してきました。しかしこれから依存できない時代がやってきます。地方分権は避けては通れず、地方自治体も生き残りを賭けて戦わねばならなくなります。

私たち市民が、どれだけ本気になって地方政治に参加するかによって、地方の盛衰が決まるのです。これまでのように、特定の支持基盤に利益誘導するだけの政治家や、単なる名誉職に過ぎないような地方議員は淘汰されます。そういう旧い政治家を残す地方は、必ず衰退していくでしょう。

これから求められる政治家は、市民全体のために、市全体の利益のために、自らを擲って働くことのできる政治家です。そういう政治家は、市民に対して自らの主張と政策を伝え、市民はただそれを比較し支持を選択することのみが選挙であらねばなりません。

そういう選挙によっていま全国各地で、新しいタイプの地方議員が生まれています。しかしまだ福岡には殆どいません。私は福岡こそが、次の日本を変える大きなエネルギーを生み出す、潜在的な力を持った土地であると考えます。ゆえに、福岡にこそ、すぐにでも新しいタイプの政治家を誕生させねばなりません。

もう、旧い政治家に任せる時代は終わりました。私はこの福岡に新しい政治家を誕生させるために、まだまだ非力ではございますが率先垂範して行動し、議会に風穴を開け、そこから市民の皆さんの声をお伝えして参りたいと存じます。

昨年一年間、私がもっとも重点的に訴えたのは教育問題です。その次には、議会改革について訴えました。教育行政と議会の改革は今後も私にとって重点主張として変わりませんが、今年はさらに市の行政サービス向上についても強く訴えて行きたいと考えています。

行政の住民窓口を全面的に民間委託し、24時間365日開設すること。
諸手続きの自動化を推進し、地方公務員を半減させ、市の財政を健全化すること。
企業の「顧客満足度向上策」を行政サービスに導入すること。

以上3点を出発点として、市役所改革の方向性を打ち出して行きたいと考えています。

平成22年は私にとって、勝利のために全てを捧げる一年となります。まずは克己心を強くして、あらゆる努力を行い、勝利の基盤を構築します。皆様のお支えだけが頼りです。どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。

| ノンカテゴリ | 17:46 | comments(4) | - | pookmark | このエントリーをはてなブックマークに追加 | このエントリーを含むはてなブックマーク| はてなブックマーク - 恭賀新年

PROFILE

MOBILE

qrcode

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

LINKS

SEARCH